簡単に血圧が下がる方法について!



ホームページをご覧いただきありがとうございます。


今、このページをご覧になっていると言う事は、高血圧でお悩みですね。


おそらく、あなたも・・・


・普段から血圧が高いのが心配・・・

・できれば薬に頼りたくない・・・

・なかなか生活習慣の見直しができない・・・

・運動不足が続いている・・・



このような状況になっているのかもしれませんね


血圧を測る画像


でも、ご存じでしたか?


簡単なストレッチを行うだけで血圧が下がるってことを!


もちろん、ストレッチなら何でもいいわけではありません。


血圧を下げるのに特化したストレッチがあるんです!


もし・・・

簡単な方法で血圧を下げたい・・・

できれば薬を止めたい・・・

なるべく短期間で改善したい・・・



このように思っているのであれば、試してみる価値はありますよ!


なぜなら、私も実証済みだからです。


しかも・・・


たった5分でできる簡単ストレッチです!


本気で対策したいと考えているなら今すぐ確認してみてください。


血圧を下げるストレッチはコチラ!




血圧が高くなる原因について!


高血圧対策の方法には一体どんな方法があるのか?

30〜40代ぐらいになってくると、血圧も高くなりがちで、健康診断で高血圧と言われる方が大勢います。

もちろん、そのまま放置しては、将来大変なことになるかもしれないので、しっかりと高血圧対策をしなければいけません。

そこで、このサイトでは、高血圧でお悩みの方へ、血圧が高い原因〜対策までお伝えしていますので、あなたの健康管理に役立ててください。


血圧が高い原因とは?


そもそも、なんで血圧が高くなってしまうのか?

一体どんな原因が考えられるのか?


実は、高血圧になる原因は、もちろん、その人によっても異なり、はっきりとしたことがわかっていないのが現状です。

それでも、生活習慣に大きく関わっていることは間違いありません。

血圧が高い原因で考えられるのは特に以下のようなことです。

・偏った食生活になっている
・塩分を過剰摂取している
・肥満気味
・ストレスをためている
・喫煙している
・アルコールの飲みすぎ
・運動不足が続いている
・不規則な睡眠になっている


などです。

血圧が高い原因というのは、数多くあり、生活習慣と深く関係しています。


こんな人は要注意!


先ず、偏った食生活ですが、これを続けていると高い確率で高血圧になります。

中でも、塩分の過剰摂取には十分に注意する必要があるでしょう。

特に、肥満気味の人というのは、高血圧になりやすいのがわかっていますので、ダイエットをするように心がけてください。

ストレスに関しては、過度に受けてしまうと、それで血圧が上がるので、普段からストレスを溜めず、発散するように対策を行うことが大切です。

また、タバコやアルコールは、高血圧を引き起こす重大な原因になるので、なるべくそれ以外の方法でストレス解消しましょう。

そして、運動不足の人、睡眠不規が続いているような人も、高血圧になりやすいと言われています。

早い話、乱れた生活習慣が続くと、血圧も上がりやすいので、日頃から意識して見直すことが大事です。

中でも、食生活は高血圧と深く関係しているので、食べ過ぎの人や塩分を摂りすぎている人、また、偏った物ばかりを食べているような人は気をつけてください。





そのまま放置するとどうなる?


では、高血圧の状態を放置してしまうと一体どうなるのか?

なぜ、高血圧対策をしなければいけないのか?

血圧が高い状態が続くと、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

動脈硬化になってしまうとどうなるのか?

・血管が狭くなる

・血液の流れが悪くなる




このようになるので、より強く圧力をかける必要があります。

ですので、さらに高血圧が悪化してしまうことになるんですね。

また、高血圧から動脈硬化が進むと、心配されるのが心不全や脳卒中です。

これら怖い病気の発症リスクが高くなるということを覚えておいてください。

場合によっては命に係わりますので、高血圧を放置するのは非常に危険です。

健康診断などで、血圧が高いと言われたら、高血圧対策する事が大事です。

高血圧対策では、先ずは、生活習慣の見直しから行ってみてください。

それと、家庭用の血圧計を用意して、毎日、記録を取ることが大事です。

生活習慣の改善で血圧が下がればいいですが、下がらない場合には、病院で診てもらい薬物治療を開始するかどうかを判断してもらいましょう。



運動で対策するには?


高血圧対策のために運動を行うことは、とても大切です。

日頃から、体を動かすようにしていくことで血圧は安定していきますからね。

では、血圧を下げる方法としては、一体どんな運動を行っていけばいいのか?

もちろん、運動ならどれでもいいわけではありません。

ちゃんと、高血圧に良いとされる運動はあります。

具体的には・・・

・ウォーキング
・軽いジョギング
・自転車


これらの有酸素運動が効果的です。

有酸素運動と言う言葉は、皆さんご存知かと思いますが、酸素を体内に取り入れながら行う運動のことになります。

そして、有酸素運動では、高血圧はもちろんのこと、生活習慣病全般に効果があります。

中でもお勧めしている運動がウォーキングなんですね。

ウォーキングしている人

ウォーキングであれば、体にかかる負担も軽いですし、運動が嫌いな人でも気軽に始めることができます。

それに、特別な道具も必要ありませんので今日からでも始めることも可能です。

ここで問題になってくるのが、どれだけウォーキングを行えばいいのか?

理想としては・・・

・できる限り毎日行う
・1日に30分〜60分ぐらいが目安


基本的には、毎日ウォーキングするようにして、時間としては、最低でも30分は行うようにしましょう。

ただ、30分といっても、10分を3回に分けても問題はありません。

さらに効果的に行うのであれば、普段歩く時よりも歩幅を大きくして、スピードも少し上げるといいでしょう。


また、ウォーキングだけに拘らず、自転車でも構いませんし、水泳が行えるなら、それでも構いません。

このような運動を行っていけば、高血圧対策になり、他にもダイエット効果も期待でき、よりスリムな体になっていくので、ぜひチャレンジしてみてください。





食事で対策するには?


次に、高血圧対策のための食事には、どんな事に気をつければいいのか?

高血圧になる原因には、食生活の乱れがありますから、普段の食事を見直すことが大事なポイントになります。

具体的には、次のような食事を意識してください。

・なるべく栄養バランスの良い食事にする
・食事では、腹八分目を心がける
・できる限り塩分を控える


これらのことが重要です。

先ず、なるべく栄養バランスのいい食事を心がけましょう。

栄養が偏ってしまうと、高血圧になる傾向にありますので、肉ばかり食べるのではなく、魚や野菜を多く食べるようにしてみてください。

特に肉中心という方は、健康な体を取り戻すという意味でも、魚を中心とした食事にしていきましょう。(肉がすべて悪いというわけではありません)

また、満腹まで食べないで腹八分目で抑えるというのも重要なポイントです。

満腹になるまで食べると肥満になりやすく、動脈硬化を引き起こす可能性もあります。

量を多く食べてしまう人は、噛む回数を増やすようすると少ない量でも満足できるようになります。

そして、高血圧の予防や改善で最も大事なのが減塩することなんですね。

やはり、塩分を過剰摂取してしまうと高血圧になるリスクが高くなってしまいます。

ですので、なるべく減塩を意識するようにしてみてください。

最初からすべて減塩にするとストレスが溜まり続けることが難しいですので、徐々に減塩するようにしてみてください。

そうすれば、薄味で慣れて、上手に減塩することができるので高血圧対策になります。


睡眠不足を解消させよう!


ベッドで寝ている女性の画像

高血圧対策のためにも睡眠についても考えなければいけません。

なぜなら、高血圧の原因には、睡眠不足があるからです。

でも、なんで寝ることが大事なのか?

こんな疑問を持たれる人もいるでしょう。

実は、睡眠の役割としては・・・

ホルモンバランスが整う!

傷ついた血管を修復する!


これらがあります。


ホルモンバランスが整う!


ホルモンバランスが整うと言う事は、自律神経にも大きく関わります。

交感神経と副交感神経のバランスが整うことに繋がるので血圧も安定してくるというわけです。


傷ついた血管を修復する!


次に血管が修復されるという大事な役割もあります。

血圧が高い状態が続くと言う事は、それだけ血管が傷つくことになるんですね。

しっかりと睡眠が取れている場合は問題ありませんが、睡眠不足が続けば血管は傷つくので、最悪、脳卒中などを引き起こすかもしれません。

ですので、普段の睡眠を考えなくてはいけないんですね。

では、睡眠時間はどのぐらいがいいのか?

理想とは、7〜8時間が良いと言われています。

もし、5時間以下とか短い場合は、高血圧対策のためにも睡眠不足を解消するようにしましょう。

また、寝すぎも良くないと言われているので注意してくださいね。


ストレスを解消して自律神経のバランスを整えるのが大事!


高血圧の原因としては、ストレスが大きく関係しています。

ストレスが溜まると、自律神経が乱れてしまうんですね。

自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、ストレスを受けると交感神経が活発になり、血圧は高くなってしまいます。

その逆にリラックスしているような時は、副交感神経が働き、血圧も安定していきます。

些細な事でもストレスは受けてしまい、交感神経がか働きますので、何かしら対策をしなければいけません。

ストレスが溜まっている男性


こんな人はストレスを受けやすい?


人によってストレスを受けやすい人とそうでない人がいます。

具体的には・・・

真面目で責任感が強い
完璧主義
細かいことに拘る
短気
気を遣い過ぎる
不安を感じやすい


このような人はすストレスが溜まりやすいと思ってください。

では、どのようにストレスを解消させればいいのか?


腹式呼吸で深呼吸をする!


簡単な方法としては、深呼吸をして心を落ち着かせてストレス対策するのもいいでしょう。

やり方は簡単です。

息を吸ったときにお腹を膨らませて、息を吐くときにお腹を凹ませます。

コツとしては、ゆっくりと行うことです。

これだけでも、副交感神経が働き、血圧も下がっていきます。

深呼吸であれば、仕事中もできますので、ストレスが溜まっているような時や気分が優れないような時に行ってみてください。

他にも、ストレス対策のために運動やお風呂、睡眠を取ることも効果的な方法です。

高血圧対策のためにも、心を落ち着かせることを意識してみるといいでしょう。


降圧剤を止めるにはどうすればいい?


今現在、高血圧の治療をしていて、降圧剤を服用している方も大勢いらっしゃると思います。

中には、降圧剤を飲むと一生止められないと言う人もいますが、実際のところはどうなのでしょうか?

薬には、副作用を心配している方も多く、できれば薬を止めたいと思っている人もいるでしょう。

そこで、次のページでは・・・

薬を止めるためにはどうすればいいのか?

どんな事に気をつければいいのか?


これらを解説していますので、降圧剤を止めたい方は参考にしてみてください。

⇒降圧剤を飲むと一生止められない?


アルコールの過剰摂取がいけない?


高血圧対策・アルコールの画像

アルコールが好きで毎日のようにお酒や焼酎を多く飲まれている方もいるでしょう。

実は、アルコールの過剰摂取が原因で血圧が高くなることがあります。

そして、悪いことにアルコールを過剰摂取すると慢性的な高血圧になりやすいとも言われているんですね。

酒は百薬の長なんてと言われていますが、これはアルコールを少々飲んだ場合の話しです。

度が過ぎてしまえば、肝臓を悪くしますし、心臓にも負担がかかります。

また、アルコールを大量に飲むことで・・・

心臓の拍動を速めることになり、交感神経が刺激される

ナトリウムの感受性を高めることになる

腎臓の機能が低下する


このような事が分かっています。

交感神経が刺激されると自律神経のバランスが乱れて、血圧は高くなりますし、ナトリウムの感受性を高めると腎臓の機能が低下するので、大量のお酒を飲み続けることは危険な行為と思ってください。

では、高血圧対策するにはどうすればいいか?

この場合、お酒の量を減らすか、あるいは、断酒をするかか大事です。

禁酒を多く作るのもいいでしょう。

アルコールを体内に入れないことが高血圧対策になるので、お酒を飲まれていて血圧が高い人は、この機会に考えてみてください。

ちなみにアルコールの適量ですが・・・

ビールであれば、中瓶1本 500ml

日本酒なら、1合 180ml

焼酎なら、0.6号 110ml


このぐらいの量になります。

つい飲みすぎてしまう事もありますが、そんな時は、ノンアルコールビールや炭酸水で誤魔化すのも一つの方法です。

高血圧対策のためにもアルコールの量には気をつけましょう。

 


高血圧はこれで対策できる!



リンク:高血圧 原因