HOME・TOP > 基礎知識 > 薬で対策した方がいい?

薬で対策した方がいい?

 
薬の画像
自分でできる高血圧対策について!


高血圧対策も色々ですが、症状が軽度であれば、生活習慣の見直しで、血圧は安定していきます。

それでも、なかなか血圧が下がらない人や重度の場合には、医師の判断により、降圧剤と呼ばれる薬が処方されます。

薬を服用することで血圧を下げ、安定させることができます。

降圧剤は、飲むだけで血圧を下げられるので高血圧対策になるのですが、できる限り飲まなくてもいい状況を作らないといけません。

なぜなら、降圧剤はあくまでも一時的に血圧を下げるだけですので、根本的に高血圧が治るわけではないからです。

つまり、薬を飲まないとまた血圧が上がるというわけです。

もちろん、降圧剤ばかり頼ると、いつまで経っても治すことが難しくなるので注意が必要です。


薬のデメリットについて!


血圧を下げる便利な降圧剤ですが、薬にはデメリットがあります。

具体的には・・・

・動悸
・めまい
・頭痛
・発熱
・手足のしびれ
・便秘
・意識障害


など様々な副作用があります。

降圧剤で血圧が安定したとしても、今度は薬の副作用に悩まされることも少なくないんですね。

もし、重い副作用が現れた場合には、薬の服用を止めて、すぐに医師に相談するようにしてください。

薬の副作用に悩まされないためにも、先ずは薬に頼らずに高血圧を治す努力をしましょう。

高血圧対策について詳しく解説しています!


薬を服用しても生活習慣は見直すことが重要!


薬を飲んでいるからと言って、生活習慣や食生活が乱れてはいけません。

血圧が安定していけば、薬も止められますので、日頃から生活習慣や食生活の見直しを行い、また、適度な運動を行うように心がけましょう。

もし、高血圧の治療を開始しているなら、薬だけに頼らないことも大切です。

それと医師から降圧剤を処方されている方は、しっかりと飲むようにしてください。

中には、途中で薬を止めてしまう人がいますが、自己判断で決めては危険です。

また、薬の副作用が気になる方や薬を減らしたい方は、必ず、医師に相談するようにしましょう。

あわせて読みたい記事!
降圧剤を飲むと一生止められない?
食事で気をつけることは?