HOME・TOP > 基礎知識 > タバコがいけない理由は?

タバコがいけない理由は?

 
健康診断などで高血圧と判明して驚かれている人も多いようです。

その中には、タバコを吸われている人もいるのですが、高血圧が気になるのであれば禁煙することを強くお勧めします。

ご存じの方も多いですが、実は、高血圧と喫煙というのは深く関係しているのですが、タバコを吸われている方は高血圧になりやすいんですね。

それだけではありません。

他にもガンの発症リスクを高めてしまいますし健康については何一つ良いことはありません。

ですので、血圧を下げるため、また、健康のことを考えているのであれば、今すぐにでも禁煙をするようにしましょう。

そもそも、なぜタバコがいけないのかというと、ニコチンと言う有害物質が含まれているからです。

このニコチンが体内に入ることでアドレナリン・ノルアドレナリンが分泌され、血管が収縮するんですね。

そうなると、血圧の上昇を引き起こしてしまいます。

それに、一酸化炭素も体内に取り込むので体が酸素不足に陥りやすいです。

酸素不足になってしまえば心血管系の病気を引き起こすリスクが非常に高くなります。

そのようなことから今すぐにでも禁煙することが大事なんですね。

ですが、だからと言っても、そんなに簡単に止めることが出来ないのがタバコです。

今では、禁煙グッズもいろいろありますので、どうしても禁煙できない人はそれらを試してみてください。

それでもダメな場合は、禁煙外来で治療するようにしましょう。