HOME・TOP > 基礎知識 > 自律神経のバランスを整えるには?

自律神経って気にしたことありますか?

 
高血圧対策のためには、色々と方法があります。

中でも高血圧の原因として考えられているのが自律神経が乱れによるものです。

自律神経は人間にはなくてはならないものですが、このバランスが悪いと高血圧になりやすくなります。

そこで、ここでは・・・

自律神経の基礎知識について!

副交感神経を優位にさせるには?


これらについて解説しています。

何をやっても血圧が下がらないような人は、もしかしたら自律神経が大きく乱れているかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

男性の画像
血圧を下げる簡単な方法・高血圧対策について!


自律神経の基礎知識について!


先ず、自律神経とは、自分の意志に関係なく機能する器官の働きを調節する神経と思ってください。

そして、自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが、この2つには次にような特徴があります。

交感神経は・・・
活動している・ストレスを受けている・緊張している

副交感神経は・・
リラックスしている・落ち着いている

このように覚えておくと分かりやすいと思います。

血圧が高くなる時は、交感神経が働いている時になります。

人間は、朝起きると交感神経が働きだすので血圧は高くなるのですが、夕方から夜になると逆に副交感神経が優位になるので、血圧は下がっていきます。

では、どんな人が高血圧にやりやすいのか?

それは、ストレスがいつも溜まっている人や、常に緊張している人です。

なのでこの場合、高血圧対策としては、ストレスを発散させることだったり、リラックスさせることが重要になるわけですね。

できる限り、副交感神経を優位にさせることで血圧も下がっていきます。

睡眠を改善して高血圧対策するには?


副交感神経を優位にさせるには?


自律神経って自分の意志では、コントロールするのは難しいと言われています。

ですが、ちょっとした事で副交感神経を優位にさせることはできます。


笑うようにする!


実は、笑う事でも副交感神経が刺激されて緊張をほぐしたい、血行促進効果も期待できます。

また、今では、笑うことが免疫力がアップに繋がると言います。

免疫力がアップすると言う事は、病気にもなり難く、健康のために役立ちます。

ただ、普段は、そんなに笑う事って少ない人も多いと思います。

でも、大丈夫!

作り笑いでも同じような効果が期待できるので、ストレスが溜まっている時や緊張している時は、無理してでも作り笑いをしてみてください。


溜息をつくのも効果的!


次に溜息をつくのも自律神経のバランスを整えると言います。

よく「ため息をつくと幸せが逃げる」なんてことを言い、ネガティブなイメージが強いでしょう。

ですが、今では、溜息をつくのは健康にも良いことが分かっています。

ため息をつくというのは、息を長く吐くことになるので、浅くなっていた呼吸が深くなり、その結果、副交感神経が優位に働くと言われています。


なので、高血圧対策としては、溜息をつくのもいいですし、深呼吸をするのも効果的です。


その他


副交感神経を優位にして自律神経のバランスを良くするには、他にもあります。

例えば、「貧乏ゆすり」もいいですね。

貧乏ゆすりの場合、血流が改善する効果も期待できるので、血圧が高いような時には試してみるおもいいでしょう。

さらに「顔の周りをタッピングする」する方法もあります。

これは以前、人気番組「金スマ!」で自律神経改善方法で紹介されていました。

顔の周りを軽くタッピングすることで自律神経のバランスが整うようです。

このように自律神経を整える方法は色々とありますので、血圧が高いような人は、自分で色々と試してみてください。