HOME・TOP > 基礎知識 > コーヒーが良い理由とは?

コーヒーは高血圧に良いって本当なのか?

 
高血圧で悩まれる方は、少しでも血圧を下げたいですよね。

今では、血圧を下げる方法も様々なやり方があります。

そんな中で今回注目したいのが「コーヒー」です。

実は、このコーヒーですが、血圧を下げる効果があるとして話題になっています。

ここでは・・

なぜコーヒーが効果的なのか?その理由とは・・・

一日どの程度、コーヒーを飲めばいいのか?



など解説していますので、高血圧対策をしたいと言う人は参考にしてみてください。

コーヒーの画像


コーヒーが血圧を下げる理由って?


そもそも、なんでコーヒーを飲むことで血圧が下がるのか気になりますよね。

以前は、コーヒーに含まれるカフェインを摂取することで、心臓に直接作用して血圧が高くなるとも言われていました。

ですが、今では、逆にコーヒーは血圧を下げる働きがあると言われています。

では、コーヒーが血圧を下げる理由には一体何が考えられるのか?


利尿作用の効果!


コーヒーを飲んだ後って、トイレに行きたくなりませんか?

血圧を下げる理由としては、利尿作用が挙げられます。

単純な話、おしっこをすれば、尿と一緒にナトリウム、つまり、塩分も一緒に排出されることになります。

なので、血圧を下げる効果も期待できるわけですね。


リラックス効果


次にコーヒーの香りには、リラックス効果も期待できます。

リラックスすると言う事は、副交感神経を優位することができるので、血圧も下がっていくと言う事になります。

ただ、カフェインの事を考えると自律神経が刺激され、逆に交感神経が優位になるので、理想なのはノンカフェインのコーヒーを飲むことでしょう。


ポリフェノール効果


コーヒーには、ポリフェノール効果も注目すべきポイントです。

コーヒー豆に含まれるポリフェノールの1つであるクロロゲン酸に血圧降下作用が期待できるとされています。

また、ポリフェノールが含まれる物としては、緑茶や紅茶、また、ワインやチョコレート、ブルーベリーなどがあります。

これらを摂取することでポリフェノールが摂れますが、だからと言ってもワインを飲みすぎてもいけませんし、チョコレートを多く食べればよいというものでもありません。


どの程度コーヒーを飲めばいいのか?注意することは?


では、一日にどの程度、コーヒーを飲めばいいのか?

これには、色々と言われています。

1杯や2杯程度では効果がないという研究結果もあれば、1日4杯〜6杯以上と言う人もいます。

もちろん、その人の健康状態によっても異なるでしょう。

なので、1日に3〜4杯を目安に飲むようにしてください。

また、注意することしては、コーヒーはブラックで飲むことです。

糖分が入った飲み物では、肥満にもなりますし、コーヒーだけに限らず、砂糖入りの飲料を飲み続けるのは健康には悪いので注意してください。