HOME・TOP > 基礎知識 > 血圧が高くなる原因は?

高血圧の原因はなに?

 
高血圧の原因を説明する女医

血圧が高くなる原因にも実に様々あるのですが、先ず、高血圧の種類を知ることが大切です。

高血圧の種類としては・・・

本態性高血圧

二次性高血圧


この2つに分けることができます。

はじめの本態性高血圧の原因としては、遺伝や生活習慣の乱れからくることがあります。

特に生活習慣は人それぞれ違い、いくつかの原因が重なって血圧が高くなることもあります。

次に二次性高血圧と言うのは、これは何かしらの病気が原因で高血圧になってしまうと言うものです。

本態性高血圧の場合は、生活習慣を見直すことで改善される場合が多いです。

なので、血圧を下げたい人は、生活習慣の見直しを必ず行うようにしてください。

それでも、血圧が下がっていかない方は、何かしらの病気が関係している可能性もあるので、病院で検査をしてもらい、病気を患っていないかを確認することが大事です。


生活習慣を改善させることが重要!


高血圧患者の多くは、本態性高血圧であることが分かっています。

ですので高血圧対策としては、生活習慣を見直さなければいけません。

具体的には・・・

運動不足

塩分の摂り過ぎ

偏った食事や食べ過ぎ

アルコールの過剰摂取

睡眠不足

ストレス
これらが関係していると言われています。

ですので、思い当たることがあるなら改善するようにしましょう。

ちなみに、運動不足を解消して、正しい食事にすることで、痩せることは間違いありません。

太った方が痩せるだけでも血圧は下がりますし、健康的にダイエットができます。

もし、睡眠不足が続くようであれば、睡眠についても考えていかなければいけません。

基本的には、同じ時間帯に寝るようにして毎日、7時間の睡眠は取ると良いと言われています。

また、しっかりと睡眠を取る事で、ストレス解消に繋がりますので、高血圧対策を考えている方は、これら生活習慣を見直しましょう。


自律神経の乱れが原因?


血圧が高くなる原因としては、自律神経も大きく関係します。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがありますが、このバランスが崩れることで血圧が高くなってしまいます。

例えば、緊張したり、ストレスが加わる場合は、交感神経が優位になり、血圧が高くなることが分かっています。

逆にリラックスしている時は、副交感神経が優位になるのですが、このバランスを整ることが高血圧対策としては重要です。

では、自律神経を整えるにはどうすればいいか?

それは、ストレスが加わったり、緊張する時にリラックスさせればいいわけです。

なので、簡単な方法としては、腹式呼吸でゆっくりと深呼吸を行ってみてください。

実際にこれだえで血圧も下がりますし、深呼吸であれば、場所を選ばずできますので、血圧高めと言う人は、日頃から行うようにするといいと思います。

血圧が高くなる原因は、これらのことがありますので、高血圧を気にされる方は、生活習慣の見直しを中心に行ってみてください。