HOME・TOP > 基礎知識 > 肥満がダメな理由とは?

肥満で血圧が高くなる理由とは?

 
肥満の男性

肥満を解消して痩せることで血圧が下がっていきます。

ですので、ダイエットをすると言う事は、高血圧対策にもなるわけですね。

しかし、なんで肥満だと血圧が高くなってしまうのか?

それは・・・

肥満になることで、循環血液が増えてしまいます。

すると心臓が血液を送る時の圧力も高くなる。


その結果、血圧が高くなってしまうと言う事です。

また、肥満の人は、食事を多く摂る傾向にあるので、塩分も多く摂取してしまいがちです。

高血圧の原因とされる塩分を摂取するとナトリウム濃度が高くなり、体はそれを薄めるために血管内に水分を取り込む必要があります。

すると血液量が増えて、血管に圧力がかかり血圧が高くなってしまいます。

つまり、肥満の人や食生活が乱れている人は、悪循環になっていると言う事です。


肥満を解消させるには?


では、肥満を解消さえるにはどうすればいいのか?

基本的には、食事の見直しと運動をすることが大事です。

摂取カロリーが多く、運動不足で消費カロリーが少ないとなると、肥満になってしまいます。

ですので、食べる量を普段の1割〜2割ほど抑える努力をしてみてください。

例えば・・・

おかずの量はそのままで、ご飯の量を減らすようにする

アルコールの量を半分にする


など。

先ずは、簡単にできるところから始めてみるといいと思います。

理想としては、食事は、腹七分目にすることです。

これを続けるだけでも、痩せていきます。

注意することは、極端に食べる量を減らすなど行為はいけません。

食事で気をつけることは?

また、運動に関していえば、激しい運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素を運動を続けることが効果的です。

できれば、毎日30分以上は、歩くことを心がけてみましょう。

運動で高血圧対策する!

これを続けていけば、肥満を解消することはできますし、痩せていけば、血圧も次第に下がっていきます。


痩せるとメリットがいっぱいある!


上記で書いたことを続けると高血圧対策にもなり、肥満も解消されます。

肥満が解消されれば、色々とメリットがあります。

例えば、スタイルも良くなりますし、なにより健康的な体になることは間違いありません。

肥満の状態が続けば、高血圧の他にも、様々な生活習慣病にかかりやすくなります。

体重計の画像

ちなみに、BMI法(ボディ・マス・インデックス)と言うのがありますが、これで肥満になっていないかを確認する目安になります。

BMI法の計算は、次の通りです。

BMI=体重kg /(身長m)2

+20以上  太りすぎ
+10〜+20 太り気味
-10 〜+10 正常
-10〜-20  痩せ気味
-20以下   痩せすぎ
もし、数値が+20以上の人は、太り過ぎですので、血圧を下げるためにも肥満を解消させましょう。