HOME・TOP > 基礎知識 > 降圧剤を飲むと一生止められない?

降圧剤を飲むようになると・・・

 
血圧が高い状態が続くと動脈硬化をはじめ、様々な病気を引き起こす可能性があるので、上が140、下90を過ぎたら注意が必要です。

人によっては、この数値より高い人がいます。

そのような場合には、病院で検査をすることが大切です。

場合によっては、腎臓を患っているのが原因で血圧が高くなることがあるからです。

これは、検査により判断できるのですが、生活習慣の乱れからくる高血圧は原因が不明のことが多くあります。

そんな時には、高血圧の治療として、降圧剤が処方されるようになります。

降圧剤の種類にもいくつかありますが、決まって言われるのが・・・

降圧剤は一生止められない

このような事を言う人がいます。

悩む男性の画像

では、実際に薬を服用するようになると薬を止めることはできないでしょうか?

その答えとしては、「いいえ」です。


血圧が安定して薬を止められた方々も大勢いらっしゃいますので、安心してください。


薬を止めるためには?


では、薬を止めるにはどうすればいいのか?

高血圧の原因が、肥満や運動不足など、生活習慣からくるものであれば、それらを見直すことが重要です。

例えば、アルコールの過剰摂取が高血圧の原因だとする場合、禁酒を続けることで血圧が下がる可能性は大きくあります。

特に肥満からくる場合は、ダイエットして痩せることで血圧は確実に下がるでしょう。

生活習慣を見直して、血圧が安定してくれば、降圧剤を止められる可能性はあると言う事です。

薬の画像

降圧剤は、血圧上昇を抑えたり、下げる薬で、根本的には薬で高血圧を治すことはできません。

ですので、本気で高血圧対策を考えているのであれば、塩分を控えたり、運動不足を解消するなど、基本的なところから始めてください。

それに加え、血圧を下げる効果があると言われている事を試すといいでしょう。

例えば、お酢を飲むことでも血圧は下がることは証明されていますし、ポリフェノールが含むビターのチョコレートを食べるのも良いです。

つまり、色々と試して自分に合う方法を見つけるようにすればいいわけですね。

自分でやる高血圧対策について!


注意することは?


降圧剤には、少なからず、副作用があります。

中には、薬を飲みたくない方や、病院に薬をもらいに行くのが面倒。

こんな方もいるでしょう。

ですが、個人の判断で薬を止めることはとても危険です。

場合によっては、血圧が急上昇する可能性もあります。

そのような事から、降圧剤に疑問を感じている場合は、医師と相談しながら、治療方針を決めるようにしてください。