HOME・TOP > 基礎知識 > 青魚のEPA・DHA効果は?

青魚のEPA・DHAがいい?

 
高血圧対策にも様々ですが、少しでも血圧を下げるためには何かしら見直していくことが大事です。

食べる事に関しては、なるべく塩分を控えるようにして、血液をサラサラにしなければいけません。

血液をサラサラにする食材にも色々あります。

今回、注目するのが、青魚に含まれる「EPA」と「DHA」です。

これらの成分にはどのような効果が期待出るのか?

どんな方法で摂取すればいいのか?


これらを解説していますので参考にしてみてください。

魚の画像


EPA・DHAの効果について!


青魚に含まれるEPAとDHAですが、どんな効果が期待できるのか?

先ず、基礎知識として・・・

EPAをエイコサペンタエン酸

DHAをドコサヘキサエン酸


このような名前となっています。


そして、EPA・DHAの効果ですが・・・

EPAは、中性脂肪を下げたり、血管を柔軟にする効果

DHAは、コレステロールを下げたり、血管の老化を防ぐ効果


これら効果に期待されています。

また、血液をサラサラにする作用もあるので、高血圧対策にも効果的です。


EPA・DHAが含まれる魚には・・・

いわし、さば、さんま、あじ、まぐろ、ぶり

色々ありますが、これらが有名です。


そして、健康を意識して、EPA・DHAを摂取する目安としては、1日、1g〜2g程度が望ましいと言われています。


どんな方法で摂取すればいいのか?


高血圧対策のためにも、EPA・DHAが含まれる青魚を多く食べるようにしたいのですが、普段、魚を調理しない人も多くいますよね。

そんな人はどうすればいいのか?

簡単に青魚を摂取する方法としては、缶詰を食べるのがお勧めです。

サバやイワシ等の缶詰は安価でスーパーなどで手軽に購入できますからね。

これであれば、魚をさばいて調理する手間がかかりません。

なので、すぐ食べられるところがメリットですよね。

サバやイワシの缶詰を1缶食べると、EPA・DHAいずれも1g以上含まれていますので血液サラサラ効果で血圧を下げるのに期待できます。

また、その他の方法としては、青魚でEPA・DHAするのではなく、サプリメントで摂取することも可能です。

ネット通販やドラックストア等でもEPA・DHAのサプリメントは数多く売られていますので、それらを利用するのもいいでしょう。

もし、魚がすぐに手に入る環境で料理が得意であれば、自分で調理するのがいいですが、無理のようなら、缶詰やサプリメントでEPA・DHAを摂取してください。

それと、高血圧対策の食生活で大事なことは、魚や肉、野菜等をバランスよく食べる事と食べる量ですが、腹七分目を心がるようにしましょう。