HOME・TOP > 基礎知識 > 夜間勤務の人は要注意?

夜間勤務の人は要注意?

 
夜間勤務をしていると高血圧になりやすいってご存知だったでしょうか?

仕事によっては、夜間勤務をされている人もいますよね。

若い時は大丈夫かもしれません。

血圧は加齢と共に高くなる傾向にあります。

なので、ある程度の年齢になったら高血圧対策をしておきましょう。

そこで、このページでは・・・

なぜ、夜間勤務の人は高血圧になりやすいのか?

高血圧対策するにはどうすればいいのか?


これらについて解説していますので参考にしてみてください。

眠そうな男性


なぜ、夜間勤務の人は高血圧になりやすい?


先ず、高血圧の基礎知識としては、朝起きると血圧は高くなり、夜寝ている時は低くなると言う事は理解してください。

夜間勤務の人の場合、夜、仕事をしますので、普通に生活している人と比べても体内時計が狂ってしまいがちです。

体内時計が狂えば、食事をする時間も乱れがちになります。

そして、質の良い睡眠を取ることも難しくなってしまうんですね。

つまり・・

全体の生活バランスが乱れて高血圧になりやすくなってしまいます。

若い人の場合は、多少、無理は効くのですが、中年にもなると血圧が高くなるので、40代以降は、特に注意しなくてはいけません。

仮に睡眠障害に陥ってしまうと高血圧もそうですが、他にも、肥満や糖尿病などの脂質代謝機能障害、また、心筋梗塞など循環機能障害を引き起こすリスクが高くなります。


ですので、夜間働いている人は、健康に意識を向けることが重要になります。


高血圧対策するにはどうすればいいのか?


では、高血圧の予防と改善のためにはどのなことに気をつければいいのか?

上記でも書いた通り、睡眠に関しては注意が必要です。

対策としては、仮眠をとることが良いと言われています。

理想としては、2時間ぐらいとる事で身体の負担が減るのですが、なかなかそこまで仮眠がとれない方も多いと思います。

そんな人は、短い時間でも良いのでなるべく仮眠をとることが大切です。

また、帰宅してから寝れないという方もいるかもしれませんね。

そんな人は、帰宅時にサングラスをして光を浴びないなどの工夫をするといいでしょう。

睡眠の質を高める事で、高血圧対策になりますし、様々な健康を守ることにも繋がりますからね。

その他にも・・・

・アルコールは飲みすぎない

・食べ過ぎないこと。

・ストレスを溜めない

・運動不足を解消すること


これらに注意してください。

もし、運動不足と感じているなら有酸素運動を行うようにして高血圧の予防と改善に励むようにしましょう。


まとめ


夜間勤務の場合、どうしても生活習慣が乱れがちになってしまいます。

中年以降は、血圧も高くなりやすいので特に注意が必要です。

なるべく仮眠をとるようにすること。

自宅で質の良い睡眠をとること。

そして、食生活や生活習慣を改善させることが大事ですので覚えておきましょう。